TEL 0562-82-1222
FAX 0562-82-1555

© 2015/9

まつおか整形外科

 

検査機器について

(病名をクリックすると日本整形外科学会のHPへ移動します)

 

レントゲン検査

骨折の有無や背骨や関節の変形などを調べます。被曝線量の少ないデジタル撮影を行っています。MRIも含めデジタル画像はパソコンに保存しておりますので、開院時からのMRI検査と平成15年9月以後のレントゲン検査の結果は診察室で直ちに見ることができます。

 

MRI

キャノン社製のMRI(1.5T)を使用しています。

腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症など背骨の病気、膝の靭帯損傷半月板損傷

また肩の腱板断裂などの診断に使用します。

脳血管障害・脳出血や脳腫瘍などの診断も可能です。

検査結果はデジタル保存をしていますので、平成12年の開業時からすべての画像は直ち

に見ることができます。

 

骨密度測定装置 (腰椎と大腿骨頸部での測定を行います)

骨粗鬆症の診断に使用します。

3cm以上身長が低くなった方、腰背部痛が長期間続く方などは脊椎が圧迫骨折をしている場合があります。骨密度の検査を勧めます。

骨粗鬆症の治療を行っている患者さんは1年に一度は骨密度の検査を受け、治療の効果を判定することをお勧めします。

 

超音波検査

ガングリオンなどの腫瘍や血流障害などの診断に使用します。

 

筋電図検査

手根管症候群肘部管症候群などの神経が圧迫されて起きる手のしびれなどの診断に使用します。脳梗塞の後遺症とか頸椎からきている手のしびれと思っている方でも、これらの病気の可能性があります。

 

そのほかの検査

尿検査:当院で行います。結果は直ちに見ることができます。糖尿病や腎臓病・尿管結石などの検査です。

 

血液検査:リウマチや痛風などは血液検査で診断ができます。専門の検査機関に依頼しています。リウマチ検査などの一部の検査を除き翌日には結果が出ます。

 

施設基準

理学療法  運動器リハビリテーション (Ⅰ) 脳血管リハビリテーション(Ⅲ)

 

~症状・病気を調べる~

 

クリックすると日本整形外科学会のホームページに移動します。いろいろな症状・病気について調べることができます